クリアネイルショットで爪水虫を治す!?

病院では薬物治療か手術。保険適応外でレーザー治療も

 

爪水虫を治療するために病院に行く人も少なくありません。では病院ではどのような治療が行われるのでしょうか。
治療としては、薬物治療と手術が主で、保険適応外のレーザー治療もあります。まず薬物治療は、3種類の飲み薬があるようですが、肝機能障害などの副作用を起こす可能性があるので、事前にさらに定期的に血液検査が必要となります。肝機能障害のある方や妊娠中の方は使用できません。内服薬の治癒率は70−80%と言われています。
個人差はあると思いますが、足の爪は1日に0.05mm、1か月で約1.5mm伸びると言われていますので、治療は長期にわたります。最終的には、切り取った爪を培養検査で白癬菌が増殖するかを調べるか、爪の一部を切り取って溶液に浸し爪を溶かして、顕微鏡で確認し白癬菌の有無を確認し、無ければ完治となります。
どうですか、なかなか大変ですね。病院での治療は、時間はかかるし、通院も大変、お金もかかります。内服薬が使えない場合は、爪を抜く…、それは相当な勇気が要りますね。麻酔をかけて…考えただけでも恐ろしい気がします。

 

塗って撃退できるなら、それに越したことはないでしょう。普通はまず、この方法を試してみたくなりますよね。あとは何を選ぶかだけ!!

 

全てが自然由来の成分でできたクリアネイルショットをお試しください。