クリアネイルショットで爪水虫を治す!?

クリアネイルショットを使う前に爪水虫のこと、もっと詳しく知ろう。

 

爪水虫の原因は水虫と同じ、白癬菌というカビの一種。これが、爪の中に入り込み、悪さをします。結果、爪が白く濁ってしまつたり、黒く変色したり爪が分厚くなってしまいます。水虫も爪水虫も同じ菌が悪さをしているのですが、水虫の場合は、菌がやわらかい皮膚の中にいるため、塗り薬も浸透しやすく効果が出やすい、一方の爪は硬いので薬が浸透しにくく治りにくいと言われています。また28日前後で角質が剥がれ落ち、入れ替わる皮膚に比べ、爪は生え変わるのに通常3ヶ月、長くて6ヶ月かかると言われています。だから治療も長期になりますので、根気よく取り組まないといけません。ちなみに爪水虫が進むと爪の先から白い粉を吹く。それは白癬菌そのもの。どこかに飛んで、誰かにうつすことになっては大変ですから、早めに治療することが大切です。

 

硬くて浸透しにくい爪に対して、
独自の配合で、有効成分を爪の中に届け、
ネイルケアを実現するクリアネイルショットをお試しください。

 

 

●爪水虫にみられる症状
●爪が艶が無くなりカサカサする。
●爪が白く濁る。
●爪が分厚くなる、盛り上がる。
●爪の先から白い粉が落ちる。
●爪色が黄白色、黒、褐色になることがある。
●爪の表面に縦や横の筋ができる。
●爪の周りに炎症が起こることもある。

 

白癬菌とは
白癬菌はカビの一種。人の皮膚を覆っている角質層や爪、髪の毛などのケラチンというタンパク質を栄養にして生息しますが、皮膚は常に新陳代謝で生まれ変わっているため、日々、清潔にしていれば増えることはありません。しかし、温度26度以上湿度70%以上の白癬菌が好む環境、活発になる環境では、増殖スピードが増し,肌や爪の奥に侵入してきます。例えば靴やブーツなどを履いて、長時間高温多湿の環境にさらされる場合などは要注意。一度白癬菌に侵入されると自然に治ることは難しいと言われています。また、白癬菌は爪や足だけでなく、いんきん、たむし、しらくも等、様々な感染症を引き起こすとされています。

 

▼▼クリアネイルショットはコチラから!▼▼